子犬、子猫を飼いたいと考えている皆様へお伝えしたいこと

今の日本の法律では、ペットはモノ扱いで、その扱いは「超」後進国といえます。
というのも、生き物を「モノ」扱いしているのです。
その法律に従って運営されているペットショップ、そこで売れ残った子たちはどうなっているのでしょう?
あの檻にすら入れない「セリ」で落札されなかった売れるに値しない子たちはどうなっているのでしょう?
また、あんなに小さい間から母親から引き離されて問題はないの?などなど。




欧米などのペット文化の先進国では、生後の短い期間で母親と引き離し、あの狭い檻に入れて展示・販売するなんて、虐待として認められていません。でも日本では、小さいほどかわいくて高く売れることから、虐待販売が横行しています。
売れ残ったり販売に適さない子たちの運命は、ついこの間の2013年までは業者が保健所に持ち込み殺処分、いまでも引き取り屋が横行し・・・。
この話はNHKが「ペットビジネスの闇」として放送した後、民放もしばらくは引き続き取り上げていましたので、ググるといろいろ出てきます。



このペットビジネスの一番の問題は、生き物を「モノ」として扱っている法律、それをゆるしている私たちにあるのです。ですので微力的ではありますがHANAKOとしてもホームぺージに掲載することにしました。









今では、志のある販売店もでてきていますし、法律も少しずつ改善されていますがいまだ「超」後進国であることに変わりないと考えています。生き物を流通させるために必要なこと、私たちも努力していきます。







HANAKOの卒業生がやっている保護犬保護猫活動をしている社団法人が神戸市北区にあります。
MOKOん家 
〒651-1131 神戸市北区五葉6丁目14-34
※新しい家族を迎えたい人にお勧めしています。








パートナードッグタウン

HANAKOグループの店頭で募金箱を設置し、応援している団体です。
大阪の鶴見緑地にあり譲渡会もしております。







このページのトップへ